ドミトリーほり 館長ブログ

元館生きたる

2018.12.04


昨夜 元館生が来てくれました。
4月に社会人になったばかり。現在、新入社員の誰もが通過する地方勤務中、研修のため上京。その研修の最終日にドミほりを訪ねてくれました。
いろいろ近況報告聞かせてもらいました。
その語り口は明るいのでなにも心配いらないようです。
そして呟きにしては大きな声で
「あぁイイナ、ここに住みたい! 館長、私住まわせてください」
出てからわかるドミほりの良さは一杯あるそうです。
そして今朝早く、ドミほり館生だったときと変わらずに元気な声で
「イッテキマース!」と発っていきました。


水回り清掃初日

2018.12.03

ビフォー


ビフォー


ビフォー


アフター


アフター


アフター


今日から全館生のお部屋の水回り清掃が始まりました。
キッチン、お風呂場、トイレ、エアコンのフィルターがクリーニング対象となります。
この清掃、年二回6月と12月に実施しています。
水回り、とくに排水口は、普段なかなか手が回らないところです。
汚れているかもしれないと思っていても、すぐには手が付けられず後回しになりがち。
あるいは見なかったことにしがちです。
毎日見ているうちに汚れがあたかも最初からある模様のように見えてきたりもします。
シャワーカーテンは濡れたまま放置するので思いっきりカビが生えています。
ユニットバスの排水口には髪の毛がかたまりになって、まるでおせんべいのように詰まっていることも、浴槽の排水口をポコポコすると汚れが浮き上がってくるお部屋もあります。
そんなヨゴレが今日で一切がきれいになります。こんなにスッキリと、そして爽やかな匂いだったのかと思うほどです。


残り9室

2018.12.01




代々木公園の青の洞窟



とうとう2018年も残すところ一か月になりました。
今日、来期分のお申し込みがあり、残り9室になりました。
先週、お母様とお嬢さんの二人で来館見学をいただいておりました。そのとき幾つか学生会館を見学され、いろいろ検討されておられたようです。そして今日、今度はお父様とお母様のお二人で来館、申込手続きをしていただきました。
これで来季分の受付は残り9室となりました。

夕方、昨日から点灯された表参道と代々木公園のイルミネーションを見に行ってきました。
週末とあって大勢の人が見物にきています。もちろん海外からも。
表参道はドミトリーほりから歩いて20分ほどのところにあります。わざわざ週末にいかなくとも平日であろうとちょっと覗いてくる感じで行けるのです。
自転車であれば5分ほどで行けます。
これだけ近くにあると、「いつでも行ける」の気持ちがあって、逆に行かなくなるのかもしれません。それに一人で行くような場所ではないことも、なかなか足が向かない理由なのかもしれません。


駒場祭最終日

2018.11.25


東大の学園祭「駒場祭」が終わりました。
今年の駒場祭、開催期間中の三日間、すべてお天気は晴れ。
キャンパス内の銀杏並木、黄葉もちょうど期間中がピークで、澄んだ青空と黄金色の銀杏がとても綺麗に映えていました。
さてクラスやサークル・部活などのそれぞれの模擬店も最終日の今日、最後の売り上げ確保で声を張り上げて呼び込みをしていました。
夕方3時過ぎには、早くもすべて売り切って「完売」の札を出してテント撤収するチーム。
一方でやけくそのダンピングで時間内に売り切ろうとするチームも。
売り上げが計画を上回り、“打ち上げ”の費用も潤沢で個人負担ゼロのチームがある一方で、見込んだ収益が確保できず打ち上げの予定が“反省会”になるチームもあるようです。
ある館生が夕方帰館してきました。
郷土の模擬店、運動会の部活と合同早朝練習、クラスの模擬店と八面一臂の活躍だった彼女、すべてをやり切り、「自分へのご褒美」でケーキをラウンドで買ってきたかったと呟いていました。途中なんどもドミほりに戻り、大量の白菜をカットし、それを模擬店に運び込むこと繰り返していました。スイーツの爆買いしたくなる気持ちよくわかります。
たくさんのエピソードを作った一年生にとっても駒場祭が終わると、すぐにクリスマスがやってきます。仲の良いお友達といかに過ごすかが次の大きな課題です。
そのクリスマスが終われば期末試験です。そして年末の帰省です。
郷里のご家族はこの日を楽しみに待っています。2018年も大詰めになります。


駒場祭

2018.11.23


今日から三日間、東大駒場キャンパスは「駒場祭」が開催されています。
年二回ある東大の学園祭、春は五月祭、秋は駒場祭となります。
そして駒場祭は一年生が主役の学園祭です。
一年生たちの活躍の場とあってご両親たちにも力も入ります。
初日の今日、母親の来泊が5人。
ドミほりに泊まらず、お父さんも一緒にホテルに宿泊される方もいます。

そして駒場キャンパスに近い当館は、兵站基地でもあります。
模擬店のPOP広告製作に励む館生、夜遅くまでスーパー(肉のハナマサ)や雑貨屋(ドンキホーテ)へ買い出し、食材調達と一時の保管場所がドミほりなのです。
保管以外、調理加工作業所にもなります。買い込んできた白菜を部屋にもちこんでカット作業に没頭する館生もいます。それは結構たいへんなのです。
このようなロジスティクスとなれば予想外のことも起こります。
ある館生、発注した食材(冷凍肉)が予定量にとどかず、急いで不足分の手配に走ります。
冷凍食材となると一般家庭で保管する量は限られます。そこで少量に分けて発注せざるを得ません、ここで発注ミスがおこると大変なのです。大事な収支に影響します。
いろいろな苦難とハプニングが起こりますが、これらを経験してヒトとして大きく成長するのです。たくさん失敗を経験してください。かならず将来役に立ちます。


全 3874 件中 6 〜 10 件目を表示 1, 2, 3, 4, 5 ...775

« 前の5件 次の5件 »

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2018 12月 »

アーカイブ