ドミトリーほり 館長ブログ

ゴミ

2017.03.31


あっという間に年度末を迎えました。
今年、当館に迎えた新入生は8名。全員無事に引越し入館を済ませ新生活がスタートしました。それにしても8名とは例年になく少ない数です。
きっと来年の募集は多くなることでしょう。

全員の引越入館が終わって玄関ポーチにはダンボールの山ができました。
これも例年のことなのですが、変わったのは私の年齢。
後片付けの中で感じるのは去年より確実に体力が衰えたことです。

一方、新入生たちのスタートは猛烈な勢いで始まっています。
入学手続き、クラス編成、サークルオリ、そしてクラスの顔合わせ。
大学生となると自分でなにもかも決めて行かなければなりません。
決断の連続です。

そして一年前には新人だった今年の新二年生。
サークルのテント列では先輩としていろいろな役割を担います。
そんな中、ある新二年生が帰館してきました。
両手に大きなレジ袋を提げて、
  「おかえりなさい。なにを沢山持って帰ってきたの?」
  「サークルオリやテント列で使うモノです」
つまり新人確保のための接遇用の茶菓子、飲み物などです。
このあと新しく編成されたクラスの顔合わせ会に出なければなりません。
彼女は上クラとして後輩たちのエスコート役を勤めます。
荷物を提げてクラスミーティングには行けないということで自分の部屋で預かるのです。
  「もう・・・、雑用ばかり・・・」のボヤキの声も。
去年はお客様で接待を受けまくっていました。そして一年たった今、今度は接待する側になりました。勉強以外にもたくさんのマナビがあります。
この経験が就活で活きてきます。ガンバレ!


第一歩を踏み出そう

2017.03.10


本郷キャンパスに合格者の受験番号が掲示されました。
見に行かなくともWeb、レタックスでの通知もあります。
知った人、喜びか悲しみのどちらかです。

合格が叶わなかった人、とても残念です。心から同情いたします。
今の段階では冷静になることは無理です。悲嘆にくれ、なにも考えられないかも知れません。でも人生において、合格が得られなかったこと、さほどの問題ではありません。
むしろ貴重な経験です。考えを切り替え、空を見上げ、早く新しい一歩を踏み出すことを切に願っています。
一方、願が叶った方、おめでとうございます。
たくさんの方からお祝いの言葉をいただくことでしょう。でもこれがゴールではありません。これから始まりなのです。うかれる気持ちは早めに切り替えて次なる一歩を踏み出す準備を始めることを願っています。


全 2 件中 1 〜 2 件目を表示

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2017 3月 »

アーカイブ