ドミトリーほり 館長ブログ

水回り清掃二日目

2021.12.08


水回り清掃二日目です。
コンロにこびりついた焦げ跡、バスタブにへばりつく石鹸カス、すきまに入り込んだホコリや髪の毛、じつに多彩です。
でもプロの手にかかればご覧のようにきれいにしてくれます。気持ちがいいです。
一方で掃除屋さんがキレイにしてくれるというのに自身で磨き上げる人がいます。きっと恥をかきたくないとの思いなのでしょう。もちろん汚れやホコリをまったく気にしていない人もいます。今日の難題は排水口にベッタリくっついている両面テープのノリでした。おもわず“うーん”と唸ってしまいました。お掃除屋さんにとって十分すぎる達成感を味わう作業でした。ユニットバスに用いるヘアキャッチャーは品質の良いものを選びましょう。


キレイな人、それなりの人

2021.12.07


今日から10日まで「水回り清掃」です。
9日までは各館生のお部屋が対象で、最終日の10日は共用部のクリーニングとなります。
この水回り清掃、年二回、6月と12月に清掃業者さんの手で実施しています。
館生のお部屋の清掃範囲は、キッチンと浴室・トイレ、そしてエアコンのフィルター清掃となります。あらかじめ館生にはキッチンにおいてある食器・調理器具、そして浴室内の洗面道具類をよけておいてもらいます。
この水回り清掃、当館を卒業していった元館生から羨まれる当館のサービスの一つです。
「ドミほりに住んで、一番ありがたかったのは“水回り清掃”です」
といわれるほど好評なのです。
この水回り清掃の日は、館生たちの暮らしぶりの一端が垣間見えるときでもあります。
プロが感心するほどきれいにしている人、たくさんの服を床に広げ歩くスペースを見つけるのに苦労する人、サンタクロースのような大きなゴミ袋を大事に保管している人など、暮らし方いろいろでそれぞれの個性を知る機会でもあるのです。


新聞

2021.12.06

新聞読む人、自習に励む人


少し前まではパソコンルームに新聞を読みに来る館生が多くいました。
共用スペースの閲覧用の新聞では事足りず、自身で購読する館生もいました。
そして就活期に入ると新聞定期購読者が急増するのが常でした。
それが最近ではパソコンルームに新聞を読みに来る人、めっきり少なくなりました。
自前購読派もいますが、ポスト投入口から新聞があふれている光景もしばしば目にします。新聞離れの理由はよくわかりません。必要な情報はスマホを通して入手する、あるいはツイターやフェイスブックで自分らの価値観にあった情報が入手できる生活様式に変わってきたからかもしれません。もしかしたらこのような生活スタイルの変化はコロナが影響しているのかもしれません。


気分はウキウキ

2021.12.05


今日の予定は前々からの計画です。ディズニーランドに行く日なのです。
プランは昨日から始まっています。お揃いのコーデで決めるため服を買いに行きました。そして迎えた今朝です。急に冷え込んだ朝です。
撮影は7時開始の約束でしたが、お互いにスタイリスト役を担い、仕上がりに時間がかかっているようです。撮影機材を用意して待ち構えること30分、ようやく二人がやってきました。二人の嬉しそうな、これから楽しいことが始まるワクワク感いっぱいの姿をみていると、またされた辛さはすっ飛んでしまい、こちらまで楽しくなってきました。
おもいっきり楽しんできてください。


ダンス練習

2021.12.04


もうおなじみの彼女のタップダンスです。
基礎練習中ですが音が軽くなってきています。全くの素人でも上達はわかります。


全 4710 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2, 3, 4 ...942

次の5件 »

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2021 12月 »

アーカイブ