ドミトリーほり 館長ブログ

床工事

2019.02.28




昨日の仮決めされたかたより入金がありました。これで募集対象のお部屋は4室と確定になりました。
そして内装工事も再開、今日は床工事でした。明日は別のお部屋の床工事を予定しています。このあと3日から壁・天井クロス工事となる予定です。


来館見学

2019.02.27


昨日、入試をおえてから当館あてに見学面談に来られる予定がありました。
ただ試験が行われた教室からなかなか出ることができず、なかには一時間半を超える待機組もいたそうです。
手配した交通機関のチケットの時間は迫るし、疲労困憊の中でのドミほり来館は少し無理がありました。当然昨夜の来館はキャンセル、そして今朝の来館となりました。疲れが抜けていない翌朝に現地を発っての来館です。
館内をご案内。父親と二人で慎重に吟味見分のうえ一つのお部屋を仮決めされました。実際には契約書類などと入金をもって確定しますが、また一つのお部屋が決まり、残りは4室となりました。


二日間の試験を終えて

2019.02.26


国公立二次試験二日間の日程が終わりました。
受験生はみな疲労困憊です。本当にお疲れ様でした。
お子さんが受験中、親御さんの来館見学が二組ありました。
ほかにも電話で、「試験が終わってから娘を連れて行きます」というアポも。
ただ実際には、受験生たちはすべてのエネルギーを使い果たし、親御さんの“安心できる住まいを見つけなければ”という想いも、なんとか試験を乗り切った受験生にはなかなか通じません。試験が終わったのが午後4時、試験会場の教室から出られるのは教室ごとに定められた時間によります。中には教室から出るまで一時間半も待たされる人も。
こんな状況のため、試験後の来館面談の予約が三組ありましたが、実際に当館までお越しいただいたのは一組だけでした。残っている気力を振り絞っての来館です。その気持ちよくわかります。今夜はゆっくりしてください。
本当に良く来てくださいました。感謝感激です。
もちろん見学のあと即、申込いただきました。
これで残り5室となりました。


東大入試初日

2019.02.25


今日と明日、国公立二次試験が行われています。
東大文系の試験会場となる駒場キャンパス、正門前の広場には大勢の受験生と家族の方、予備校の関係者たちで埋め尽くされていました。
緊張の面持ちの受験生たちが試験会場に入っていく、その姿を遠くから祈るようにして見送る家族。毎年この光景を見てきましたが、家族帯同が年を追うごとに増えているような気がします。わが子が試験会場に吸い込まれていったあと、多くの親御さんたちは所在なさそうにしています。
昨日本人とお父様の二人で来館見学に来られた方、今日も来館いただきました。ただしお嬢さんはいません、もちろんその時刻は試験真っ只中です。
今日はご夫婦での来館。来館目的はお部屋の確保、申込手続きのためにお運びいただきました。これで募集対象のお部屋は一つ減りました。


試験会場下見

2019.02.24



内装工事二日目


内装工事二日目


内装工事二日目です。今日は大工さんの作業が終日行われました。

見学者がお見えになりました。明日からの入試で上京、ホテルにチエックインしてその足で来館くださいました。大学に近く、充実したフォローから住まいは当館だけに絞っているそうです。わずかでも貴重な時間を割いて来館見学に来ていただけました。
とても素直で優しそうなお嬢さんでした。ありがとうございます。
試験頑張ってください、ご縁があること祈っています。

内装工事の合間を縫ってkoroの散歩も兼ねて駒場キャンパスを覗いてきました。
たくさんの受験生が試験会場の下見に訪れていました。
予備校の仲間でしょうか4~5名のグループで来ている人、父親あるいは母親と一緒に来ている人、それぞれです。


全 19 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2, 3, 4

次の5件 »

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

« 2019 2月 »

アーカイブ