東京都渋谷区・代々木上原の女子学生会館

女子学生会館ドミトリーほり

03-3467-6809(受付時間:平日9:00~20:00)

ドミトリーほり 館長ブログ

治療法は低温ヤケドで

2008.08.19

   

 昨日、皮膚科へ行って来ました。
 右手の親指中腹にイボができてしまったのです。
 標高1ミリか2ミリぐらいの高さではありますが、箸をもつとき、工具などを握るとき、ビミョウにあたります。特に痛いということはないのですが、なにか違和感があります。
 さて、医者に見せると、「これはいわゆるイボです。小さなキズにウイルスがついて発症します。通常、ほとんど体内の免疫力でイボにはならないのですが、なにかの拍子にこのようになります」
 話はさらに続き、「治療方法はドライアイスで患部を冷やし、低温ヤケドさせて治します。週一回、3〜4週間で治ります。なにかやっています?」

と聞かれ、一瞬躊躇。日曜大工をやっていますと答えようと思ったけれど、ちょっと違うと考え直し・・・・  「ペンチとかドライバーとかいじっていますが・・・・・・」と答えると
  「あぁ〜、それだな」とお医者さん。

というわけで週一通院することになりました。
治療はきわめて簡単。棒の先についた脱脂綿をドライアイスでギンギンに冷やし、これを患部にあてるのです。なんども繰り返し、とにかく冷やします。
耐えられない痛みではありませんが、そこそこジリジリというかヒリヒリときます。


これも昨日のこと。館生I.Mさんが帰省から戻りました。
  「ただいま帰りました・・・・・・・。ちょっとノドが痛いので、例のショウガにんにくスープお願いできます?」
  「えっ、どうしたの。OK、すぐ作るからマグカップ用意して」
館長特性ショウガにんにくスープ、好きな人は好きなのです。

そしてお母様と電話で・・・
  「そうなんです。娘はいつも家に帰ると熱をだすんです」
どうやら実家に帰り、家族に囲まれると一挙に緊張感が抜けてしまうようです。
でも一夜明けて、今日、「もう大丈夫です」と。いつもの元気な様子に戻りました。

     




カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2024 5月 »

アーカイブ