ドミトリーほり 館長ブログ

駒場祭最終日

2018.11.25


東大の学園祭「駒場祭」が終わりました。
今年の駒場祭、開催期間中の三日間、すべてお天気は晴れ。
キャンパス内の銀杏並木、黄葉もちょうど期間中がピークで、澄んだ青空と黄金色の銀杏がとても綺麗に映えていました。
さてクラスやサークル・部活などのそれぞれの模擬店も最終日の今日、最後の売り上げ確保で声を張り上げて呼び込みをしていました。
夕方3時過ぎには、早くもすべて売り切って「完売」の札を出してテント撤収するチーム。
一方でやけくそのダンピングで時間内に売り切ろうとするチームも。
売り上げが計画を上回り、“打ち上げ”の費用も潤沢で個人負担ゼロのチームがある一方で、見込んだ収益が確保できず打ち上げの予定が“反省会”になるチームもあるようです。
ある館生が夕方帰館してきました。
郷土の模擬店、運動会の部活と合同早朝練習、クラスの模擬店と八面一臂の活躍だった彼女、すべてをやり切り、「自分へのご褒美」でケーキをラウンドで買ってきたかったと呟いていました。途中なんどもドミほりに戻り、大量の白菜をカットし、それを模擬店に運び込むこと繰り返していました。スイーツの爆買いしたくなる気持ちよくわかります。
たくさんのエピソードを作った一年生にとっても駒場祭が終わると、すぐにクリスマスがやってきます。仲の良いお友達といかに過ごすかが次の大きな課題です。
そのクリスマスが終われば期末試験です。そして年末の帰省です。
郷里のご家族はこの日を楽しみに待っています。2018年も大詰めになります。


カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2018 12月 »

アーカイブ