ドミトリーほり 館長ブログ

ドミほりのBINGO

2019.04.11


“ドミほり新歓”のビンゴは少し変わっています。
ビンゴ成立条件は36あるマス目に全館生のサインをもらうのです。
タテ・ヨコ・ナナメさえ埋まればOKとは異なり、部屋番号が記されたマスすべてにそのお部屋の館生からサインをもらってくるのです。
この方式にしたのは7~8年前になるでしょうか。
いまでは“ドミほり新歓”の名物イベント(?)です。
もちろん先日の“ドミほり2019新歓”でも行いました。
こんなビンゴにしたワケは、新入館生と先輩館生の顔合わせもありますが、大事なのは全館生がお互いに最低でも一言会話してもらうことにあります。
ドミほりで暮らし始めると、否応なく館内の廊下、洗濯場や物干し場で、パソコンルームで、他の館生と顔をあわせます。このときに挨拶の声がけをしやすくするのが狙いなのです。
学校でも社会でも求められるのはコミュニケーション能力です。そしてこのコミュニケーションの第一歩は“挨拶”です。
想像してみましょう。廊下で館生とすれ違ったとき、お互い無言だとすると、ちょっと不安になります。少しザワザワした気持ちになります。
もし館内がこんな雰囲気に満ちていたとしたら、一人暮らしの寂しさが増すだけになります。一方、館内ですれ違ったとき、「そのワンピース、新歓のときの?」なんて会話があったとすれば、言った方も言われた方もちょっとだけハッピーな気持ちになります。
「今日の授業6コマもあって嫌になっちゃう」なんてボヤキでもいいのです。
家(ドミほり)に帰って誰とも口を利かずに過ごすなんて精神衛生上もよくありません。
ドミほりで培った体験が、知らず知らずのうちに誰とでも気楽に挨拶がかわせるようになり、さらには異なる立場・違う価値観を持つ人にでも言いたいことが言えるような能力が身に着けばさらに良いことです。
このため館内では館生同士がすれ違う時でも「おはようございます」「おかえりなさい」「いってらっしゃい」のあいさつの励行をお願いしています。
ドミほりを退館された元館生が遊びに来て異口同音に言うのは
「引越し先の寮では、みな無言なのに最初ビックリしました」の言葉です。
こんなことのない住環境が防犯意識の高まりにもつながります。


カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2019 6月 »

アーカイブ