ドミトリーほり 館長ブログ

お願い!

2020.01.21


「内定辞退代行」
こんな商売があることにビックリです。
SNSに頼りすぎてリアル人間との会話に苦手意識が生まれているのではと心配になります。
ひとつの例ですが、ドミほり館内では次のような会話がしばしば交わされます。
「館長、お願いがあるんですけど。来週の月曜日の朝、早朝に門を開けてもらえませんか」
「いいけど、どんな理由?」
「部活の試合なんです。集合が6時半なので6時まえに出たいんです」
「了解、ちゃんと起きれる? モーニングコールしようか?」
「大丈夫です。目覚ましニ個あります。今回の合宿の責任者になったんです」
「それじゃ遅れるわけにいかないね。ガンバレ!」
文字にするとどうってことない会話です。
簡単なやり取りですが、最近の若い人にはこのような会話が不得手、とくにお願い事となるとなおさらという人が増えているように思います。
問題はコミュニケーションスキルです。
キライな人だから話したくない、相手が年上なので敬語が必要、分野が違いすぎるので話しても解らない。こんな理由からでしょうか避けるコミュニケーションスキルばかりが磨かれる。これは日頃の鍛錬が不足しているとしか言いようがありません。
当館のような学生会館、学生寮の良い点は、価値観の異なる人と話す機会が多いということです。廊下や洗濯場での偶然の出会いはラインやツイッターのコミュニケーションとはまったく異なります。
ここは自身コミュニケーション能力に磨きをかける都合の良い場所なのです。


カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

« 2020 2月 »

アーカイブ