東京都渋谷区・代々木上原の女子学生会館

女子学生会館ドミトリーほり

03-3467-6809(受付時間:平日9:00~20:00)

ドミトリーほり 館長ブログ

咲いたサクラ、桜

2006.04.01

さすがに一日に5件の引越し入居となると・・・、何がなんだかわからなくなります。ご本人とご家族の来館、引越し便や家電販売店からの配送、宅配便の受け取り、これらの搬入。これが5件分となると、単純計算でも3×5=15回の作業になります。この間にも買い物に行かれる方、昼食や夜ご飯を召し上がりに外出される方、都内に住む親戚や知人の来訪等々、たくさんの人の出入りがあって、頭の中はゴチャゴチャ状態でした。つい少し前、「いらっしゃいませ。お待ちしていました。ご入学、そして入館、おめでとうございます」と挨拶したのに、同じ人に同じ挨拶をしたり・・・、ずいぶんと失礼なことをしました。ゴメンナサイ。
でも、時間が経てばみなさんそれぞれのお部屋に落ち着かれた様子。小さな混乱はあったものの、なんとか新しい生活がスタートできたようです。
「今日から、一人暮らしだけど、今の率直な気持ちは?」
「ありきたりですが、期待と不安が入り交じった想いです」
「期待とはなに? 開放感?」
「いや・・・・・、新しい環境に対するソレかナ」と、ある新入館生の答え。
新入館生にとって未知の環境に対する不安は無いとは言えません。でもそれに立ち向かう自身の勇気・緊張感が気持ちを高揚させているようです。新入館生の表情には、新しい環境への挑戦が自身の成長に繋がることを十二分に理解されている様子が見えます。
4月は年度変わりの月です。学生には新学期が、企業人にとっては新たな会計年度がスタートする月です。進級や人事異動があって、それに伴う別れや出会いが交錯する季節です。送別会や歓迎会がそこかしこで催され、普段よりより感傷的になる季節です。こんなタイミングで咲く花がサクラです。ほかのどの花より愛される理由はこんなところにあるのでしょう。サクラのほのかなピンクの花びらに似た、新入館生の夢、希望がやがて見事に開花されることを期待しています。
近所の外人さん「駒場公園のサクラ、見に行きましたか? すばらしいですね」と。
自国にサクラを持ち帰ることが夢だそうです。「カナダでサクラは咲くでしょうか?」と聞かれました。どなたかご存知の方おられましたら教えてください。


カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2024 5月 »

アーカイブ