東京都渋谷区・代々木上原の女子学生会館

女子学生会館ドミトリーほり

03-3467-6809(受付時間:平日9:00~20:00)

ドミトリーほり 館長ブログ

老いた二人?

2006.04.19

ばあさんは1920年生まれ。この4月で86歳になった。もちろんヤツガレの母だ。歳が歳だから足腰と耳が悪い。それでも毎日、一時間から長いときで二時間ほど近所を散歩している。ほとんど毎日、よほどの天気でないかぎり多少の雨でもこの散歩は欠かさない。寝たきりになりたくない、が口癖だ。
ばあさん、今日は気分が良いのか二回目の散歩にmomoを連れ出した。このコンビでの散歩姿をみていると楽しいし、微笑ましくなる。Momoは心得ている。ばあさんの足のスピードにあわせ、ゆっくりゆっくりと歩く。そういえばmomoも十歳だ。人間の年齢に換算すると60〜70歳の高齢犬になる。しかも最近は前足の具合が悪そうだ。足を引きずりながら歩くことが多い。医者に見せたが骨折などはない、肥満が原因との診断結果。
高齢犬とはいえ、ばあさんの歳にははるか及ばない。散歩の途中で、急に猫が飛び出したりすると、momoは足の具合の悪いことを忘れ、突然に猫を追いかける習性がある。ヤツガレや家内ならリードで制御できるが、老いたばあさんではムリだ。リードを離すこともできずそのままリードにひきづられる危険がある。だから、本当はmomoをつれての散歩はやめてもらいたいのだ。だが、わかってはいるものの、老いたもの同士、お互いを助け合いながらの散歩姿を見ていると、ただ猫が飛び出してこないことを祈るしかない。
16日の日記に対してある館生のお母様からコメントをいただいた。内容はドミトリーほりへの謝辞で、恐縮するばかりだ。だが、このコメントには館生の名前、お母様の名前を実名で記載しているためヤツガレが勝手に非公開とさせていただいた。読者の中には「なぜ非公開なのか」と疑問を持たれた方もおられるだろう。そんな理由があることをご承知いただきたい。
さてドミトリーほりの館内の様子だが、新入館生も先輩館生も授業が本格稼動しはじめたため日中の在館生はゼロ、静かな館内となっている。




カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2024 6月 »

アーカイブ