東京都渋谷区・代々木上原の女子学生会館

女子学生会館ドミトリーほり

03-3467-6809(受付時間:平日9:00~20:00)

ドミトリーほり 館長ブログ

ようやく見せた青空

2006.05.20

とうとう晴れた。だが予報は晴れ、曇り、大雨と????  要は不安定なのだ。
屋上の防水工事はこれまでの遅れを取り返そうと、猛ダッシュ。朝7時半から作業開始。テキパキ、親方の指示のもと作業は午前中一杯続いた。親方いわく・・・
「いつ雨が降っても良いように・・」と号令を。
シーリング剤はいくつかの液体や粉末に溶剤を混ぜ合わせて作る。これらの塗布剤は雨が降ったら使えない。作業の進捗具合をみながら作っていく。さもないと無駄になってしまうのだ。しかも混ぜる時間がきっちり15分、かなり厳密さが要求される。
この親方、いちいち指示が細かい。同じことを何度も繰り返す。脚立にあがっての作業には「一人が上で支えて、それから上れ! 先にバケツを挙げろ。両手で持ち上げて左側から渡せ」という具合だ。安全確認はたしかに大事だが・・・。
今日の作業は午前中で終了。きっと他の現場の作業もあるのだろう。もともとは週末休みの予定、天気が悪かったので休みなしとなったようだ。ハタで見ているとこの親方に仕えるにはかなり忍耐がいる。だが職人の世界で細かくやり方や技術を教える人は少ないのではないか。前向き肯定的な姿勢で臨むなら、この親方のもとで働けばきっと習熟が早いに違いない。考え方一つで大きく違ってくる。

午後からバアさんと墓参りに出かけた。いつも早朝に行くのだが、業者が帰った午後から出発となった。やはり日中は混んでいる。戻ったら4時をすこしまわっていた。
帰館したとたん猛烈な雨、風もかなりの強さだ。予報どおりだった。

上原商店街に新しくcaféが出来た。開店は19日(金曜)。実はこの店、二年ほど前にオープンしたパスタ屋さんが衣替えしたのだ。ヤツガレはスパゲッティーの方が良かったが、商売としては成り立たなかったようだ。そしてこのcaféに館生K.Aさんがバイト勤めしている。もう何日も前から研修を受けていたが、19日にその成果のお披露目となった。「行ってみる」とヤツガレが言うと、「まだ慣れていないのでしばらくしてからにしてください」とやんわり断られた。離れて見ていたがしっかりとレジを打っている姿はベテランそのものだった。K.Aさんの性格は何事にも物怖じせず、その考え方も前向きなタイプ。シゴトを終わって感想を聞くと「マーケティングの勉強になりそう」と。なかなか積極的、GOOD!



カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

« 2024 2月 »

アーカイブ