東京都渋谷区・代々木上原の女子学生会館

女子学生会館ドミトリーほり

03-3467-6809(受付時間:平日9:00~20:00)

ドミトリーほり 館長ブログ

救急車を!

2006.06.30

昨日、ある館生、体調を崩して一日中寝ていた。ヤツガレが気づいたのは夕方4時ごろ、この子はこれまで終日部屋で過ごすことはなかった。
“具合が悪い?”と思い、ドアをノックしたり、携帯にメールを入れたり、電話したりしたが連絡がつかない。やむなく部屋を開けて様子を見ることに。もちろん女性の部屋だ、男性が入るわけにいかない。だから家内に任せた。
暗い部屋で本人は就寝中だった。聞くと「熱もさがり大丈夫」との返事。
しばらく外から部屋の灯りが点くか伺っていたが、その日は一時照明が点いただけで、あとは真っ暗な部屋のままだ。こういうときいろいろ心配ゴトが浮かんでくる。
食事は? おかゆを作ろうか、熱がぶり返していないか? 氷枕の用意は? クスリは? 早めに病院に行く必要があるのでは、等々、気にしだすと止まらない。そこで11時になってもう一度様子を見に行くことにした。何も食べていないとしたら体力がつかない。一応念のためスープを用意しドアを開けると、中から本人の声で
「寝かしておいてください」
家内いわく「大丈夫そう。明日まで様子をみましょう」とスープを台所に置いてきた。
そして今日、彼女、ヤツガレも家内も気づかないうちに学校へ。
館生の中にはいろいろなタイプの子がいる。大したコトでもないのに甘えてくる子もいる。数年前、ある新入館生が悲鳴を上げて泣きついてきた。
「救急車を呼んでください!」
「えっ、どうしたの」
「ホッチキスが・・」
見れば右手の人差し指にホッチキスの針が刺さっている。その指先には米粒より小さい出血が。「こんなの大したコトないよ。ホラ」と針を抜いてあげた。
「あとは消毒しておこうね。ぜんぜん心配いらないよ。これで大丈夫」
「病院に行く必要は100%ないから・・」
本人は涙を浮かべている。きっと甘えん坊なのだろう。まったく可愛い。
それぞれ館生には個性がある。自分が心配されていることで喜ぶ子もいれば、干渉されることをうとましいと思う子もいる。他人のお嬢様を預かる当方としては、どうしても万一のことを考え、早め早めに対処しようとする。だが、これも館生によっては余計なおせっかいと映る。今回のこと、彼女にとってヤツガレの行動は迷惑だったようだ。相手は生身の人間、一律とはいかないことは分かっているが、なかなか悩ましい。
今回の彼女、今夜は早めに睡眠をとり休養に努めているようだ。はやく治ることを祈る。


カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2024 5月 »

アーカイブ