東京都渋谷区・代々木上原の女子学生会館

女子学生会館ドミトリーほり

03-3467-6809(受付時間:平日9:00~20:00)

ドミトリーほり 館長ブログ

晴れなのに雨

2006.07.02

7月に入ってしまった。一年の半分が消えた。
季節は変わり目。本格的夏へのプロローグか。気象は北からの寒気と南からの暖気が入り混じる。朝から晴れ、曇り、雨が交互に襲う。時に晴れなのに雨が降る。色合いに例えるグラデーション、境界が定まらない。
写真は夕方、当館屋上から見た空模様だ。

まもなく試験シーズンを迎える館生が多い。日中、出入りはあるが半数強の館生が在室していた。朝一番、昨日から始まった夏バーゲンに行って昼前に戻ったK.Aさん
「30分で買い物を済ませました」と。彼女は昨晩、「バーゲンセールに行きたいけど、試験勉強もしなければ・・・」と悩んでいたが、結局、二兎を得たようだ。
パソコンルームに入れ替わり立ち代りで勉強しにくる館生が多い。「自室、一人で勉強していると眠くなる」とは彼女らの弁。少ないが館を離れ学校の図書館に篭る子もいる。
一方、K.Sさんにとって今日はオペラ公演、晴れ舞台の日だ。演目は「ホフマン物語」。パンフレットを読むと、「幽玄、夢幻の世界の中で、生きると死ぬとがせめぎあう・・・・」とあった。公演開演は夜だが、きっと首尾よくいったに違いない。かなり以前から毎日練習に励んでいた。帰館したら話しを聞かせてもらおう。
Ⅰ.Aさん、弓道の試合を終え帰館したのは昼過ぎ。二回戦まで進み、自身納得いく成績だったようだ。ハカマ姿、手に弓道具、その目には充足感が光っているように見えた。
日ごろの睡眠不足解消のため今日一日ほとんどを寝ることに費やしたのはO.Cさん。この先一週間は睡眠時間を削って勉強に集中すると言っているが・・・。
熱を出して休養に専念していた館生。今日は朝から出かけていった。その足取りがまだ本格的復調に届かずと思うのは気のせいか。弱気と強気のせめぎあいの中で出す結論、気丈な攻めをよしとするのは若さの特権かもしれない。


カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2024 4月 »

アーカイブ