東京都渋谷区・代々木上原の女子学生会館

女子学生会館ドミトリーほり

03-3467-6809(受付時間:平日9:00~20:00)

ドミトリーほり 館長ブログ

自転車と館生とヤツガレ

2006.07.16

それまで晴れていた空が曇りだした。どんどん暗くなってくる。そろそろ降り出すナと思ったその時、ある館生から電話が・・・。
「自転車のチエーンにスカートが巻きついちゃって動けないんです」
どうやら簡単にはとれないらしい。そのとき、ポツポツと雨が降り出した。これはまずいと、急ぎ現場に走った。幸いさほど遠くない場所だ。
ヤツガレが到着すると、彼女、商店街の道の端にかがんでいた。自転車の後輪の歯車にスカートの裾が巻きついている。彼女、自転車と一体でどうにも身動きが取れないでいる。ヤツガレが歯車をゆっくりと逆回転させながら慎重にスカートをひくと、案外簡単に取れた。だが、スカートの裾にはいくつか穴があいてしまった。
「いいんです。もう古いから・・」と彼女。
「さあこれで大丈夫、雨が降り出してきたから先に帰って」
ヤツガレは半ズボンにTシャツだ。濡れていくことにする。
さて、ヤツガレが歩いていると前方に彼女が・・。どうやら再びチエーンにスカートを巻きつかせてしまったらしい。今度はかなり重症、二重三重に巻きついている。逆回転させても正回転させてもダメ。その上、雨がひどくなってきた。やむなくヤツガレが自転車を抱え、彼女はスカートおさえ、自転車とヤツガレ、そして彼女の三体がピッタリくっついて歩くことに。事情の分からない人がみたら異様な格好だ。
まぁ姿格好はともかくドミほりに着いた。屋根があるので安心して作業にかかれる。
しかしなかなか外れない。スカートを切るか、チエーンを外すかしか方法がない。もちろんチエーンを外すことに。チエーンの接合部分のピンを抜き、チエーンの輪を切った。これでスカートはいとも簡単に外れた。だが、スカートのダメージは大きくなっていた。このとき雨は、もの凄い勢い、カミナリも鳴っている。
ヤツガレびしょ濡れついでに外したチエーンを復元させることに。これがなかなか上手くいかない。15分ぐらいかかってようやく直した。
あぁ、疲れた、と空を見上げると空が明るくなりはじめた。雨の勢いもおさまってきた。と、ヤツガレ重大なコトを思い出した。裏庭にフトンを干していたのだ。時すでに遅し、さっきのバケツをひっくり返したような雨がフトンに浸み込んでいる。あわてて日が当たるところに移動させたが、今夜はフトンなしで寝ることになりそうだ。



カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2024 6月 »

アーカイブ