東京都渋谷区・代々木上原の女子学生会館

女子学生会館ドミトリーほり

03-3467-6809(受付時間:平日9:00~20:00)

ドミトリーほり 館長ブログ

引越し荷物の積み込みは?

2007.03.15

今日の退館引越しはM.Eさんです。郷里の大分から二日前にお母様が手伝いに来ています。連日の引越し準備、ほんとうにおつかれさまです。
ヤツガレと家内の二人、朝8時、廊下の荷物を1階のカーポートに降ろします。本来なら当然、部屋からの搬出も運送業者さんの仕事です。あらかたの荷物を運び出した頃、朝8時30分、なじみの赤帽さんが予定より早く到着しました。着くなりすぐに軽トラックに積み込み開始です。

このなじみの赤帽さんだと安心です。以前の話しですが、別の赤帽さん、荷物の積み込みが雑で、素人が見ても 「もうすこし丁寧に積み込めば全部入るのに・・・」と思っていると
「これ以上無理ですネ。二回に分けて運びます」
これって正直言ってズルです。たしかにこうすれば売り上げが倍になります。本当は工夫と知恵を働かせれば・・・、いや“その気になれば”積めるのに、です。お客が若い女の子だと思ってタカをくくっているのかも知れません。
積めるのに積まない、それだけではありません。やや大きめの荷物となるとお客も手伝うのが当然と、「一緒に持ってください」と、平気で要求する、なんてことがありました。
今日も着てくれている、なじみの赤帽さん、とても良心的です。マジメに努力する姿を目にすると、こちらから積み込みを手伝いたくなるというもの。

さて、今日のM.Eさんの荷物、1階のカーポートに並べてみると意外と多い。
入館したときに比べると相当に荷物が増えています。
M.Eさん自身も「あれ、けっこう増えちゃいました」と持ち前のネアカタイプのアッケラカン。
なじみの赤帽さん、当初は
「これは積めないかも・・・・。二回運ばないとダメかな?」と思案顔。
でも、積み込み始めて約40分、いつもより時間がかかりましたが、なんとか全部、それも自転車も含めて積み込みが完了しました。もうほとんど根性で積み込んだ感じ。
赤帽さん 「今日は苦戦しました」と。でもおかげさまで一回の運搬でOKでした。ヤツガレの荷物搬出手伝いが効いているに違いありません。
「お世話になりました。ありがとうございました。では・・・」
出発していく軽トラックの後ろ姿に手を振るヤツガレと家内。
「元気でね・・・。いつでも遊びにきてくださいね。お元気で・・・・」



カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2024 5月 »

アーカイブ