東京都渋谷区・代々木上原の女子学生会館

女子学生会館ドミトリーほり

03-3467-6809(受付時間:平日9:00~20:00)

ドミトリーほり 館長ブログ

お七夜

2007.05.08

素晴らしい天気の一日でした。Tシャツ一枚で十分、初夏の陽気です。
もう、夏がすぐそこまで来ています。ついこの前、春がきたのに、時の流れに驚くばかり。

私事で恐縮ですが、先月末、ヤツガレに初孫が誕生。そして、先日、赤ちゃんが母親とともに産院から我が家にやってきました。ヤツガレ、初めての対面。そこで、すこし遅れましたが、命名の儀ということでお七夜を執り行うことに・・・・・・。
まずは、硯と墨を取り出し、半紙がわりにコピー用紙に、決めたばかりの名前を書くことに。いざ筆を持ってはみたものの、毛筆はうん十年ぶり。何度も何度も書き直し、そのうち持病のギックリ腰が痛みだし、もうこのへんでいいやと諦めて、できあがり。
息子夫婦と赤ちゃん、そして命名の半紙を背景に記念写真を撮り、家族全員でうな重を食べて儀式は終わり。じつに簡単至極。

息子夫婦が帰ったあと、家内が昔の写真を取り出してきました。セピア色のその写真、一見するとヤツガレの父を中心に座敷での宴会スナップ。しかし、よくよく見ると、座敷の鴨居から命名の半紙がさがっています。それは30余年前のヤツガレの息子誕生時のお七夜の様子でした。半紙がなければただの宴会。当時建設会社をやっていた父は、大勢の部下を集めお七夜を祝ったようです。よほど嬉しかったのか、ただ仕事仲間で一杯やりたかったのか、いまとなってはさだかではありません。

   連休が明けて、授業も本格化。帰省先で風邪を患った館生もいました。例年のことながら、連休明けは体調を崩す館生が多くなります。
館生の個性はいろいろです。一人暮らしの寂しさに不安が重なり、気弱に・・・・・・
「すみません。ちょっと熱があるみたいなんです」と、甘えてくる新入館生がいる一方で
  もしかしてと思い、こちらから
    「どこか具合悪いの?」と聞いてはじめて
「ちょっと風邪気味かも。でも大丈夫です。今夜は早めに寝ますから」と、すっかり自立している入館二年目の館生。そして、早々と郷里から帰館する三年生の館生は・・・・・
    「実家より、ドミほりのほうが落ち着くんです」と。

   大学生活を親元から離れ、一人で暮らす館生たち。ほんの一二年の間に、どんどんと大人になっていく姿を見るにつけ、またまた時の流れを気付かされます。あらためて、時の経過、世代がわりを痛感。ヤツガレも歳をとったナと感慨深いものがあります。そういえば、今年入った館生の中には平成生まれがいました。時間はとまることなく流れています。



カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2024 6月 »

アーカイブ