東京都渋谷区・代々木上原の女子学生会館

女子学生会館ドミトリーほり

03-3467-6809(受付時間:平日9:00~20:00)

ドミトリーほり 館長ブログ

一人暮らしの娘を気遣う母

2007.06.16

真夏の一日でした。梅雨入りしたのに・・・・・。

館内、昨夜から二人の館生のお部屋にそれぞれお友達が泊まりにきています。
一方、館生Tさんと Yさんには、それぞれお母様が上京されお部屋に泊まられています。
廊下で遇った館生F.Rさんとの雑談です。
   「お母さんが来泊されているね・・・・・・」とヤツガレ。
   「そうみたいですね。二人も・・・、なんでなんですかね?」
   「そろそろお母さんに来て欲しいと思う館生が多いのかも・・・・。Fさんも、寂しくって会いたいでしょう」
   「いえ、そんなことないです。楽しんでいます!」とピシャリ。

たまにお母さんが来泊しにきてくれると嬉しさ一杯です。まず、前日ぐらいから館生の笑顔が絶えません。当日も二人の楽しそうな会話が廊下にまで聞こえてきます。
なにより、お部屋がキレイになりますし、互いグチを言い合ったり、たまったガスが抜ける格好の機会かも・・・・・。
久しぶりに豪華な外食に連れて行ってくれたり、新しいファッションの洋服やバッグ、靴などをオネダリできたり、そのメリットは大きいのでしょう。


ネットで注文していた網戸の戸車が届きました。さっそく試してみるとピッタリです。多少形状が違っていますが、寸法は同じ、改良が施されていて以前のものより、外れにくくなっているようです。早速、網戸が外れたある館生のお部屋に伺い、戸車の交換を行いました。一件落着です。
少し余分に戸車を注文しておくことにします。


今日、午後2時からmomoの手術が行われました。
気になりますが、病院に行ってもなにもできませんし、むしろジャマです。
その時間帯に、ヤツガレは洗車と玄関ポーチのタイル掃除をしていました。
そして夕方4時、ちょうど清掃作業が終わったとき、病院から連絡が入りました。
手術は2時から4時までかかり、摘出した腫瘍は握りこぶし大、胆管や門脈にまで癒着していたらしい。前の病院で、肝機能障害で糖尿病と診断されていたが、どうやら真の原因は腫瘍にあったようです。医師の話では、かなりの難手術で、これから三日間が山場だそうです。「もしかしたらダメかもしれません」とも・・・・・。
いままでに子宮摘出手術、腸にモノを詰まらせて緊急開腹手術。そしてその術後がおもわしくなく再手術を、さらに同じところを化膿させて再々手術を、今回で5回もお腹を切っています。
前回の手術後、医者には「もうこれ以上腸は切れない。こんどやったらあぶないですヨ」と言われていました。でも、これまでも危機を乗り越えてきたmomoですから、今回もきっと大丈夫でしょう。


カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2024 5月 »

アーカイブ