ドミトリーほり 館長ブログ

とびます

2017.01.22





代々木公園で出会いました。
この弾け具合、最高です。


意思疎通

2017.01.15


毎年この時期、特にセンター試験は荒れた天候になることが多いような気がします。
雪に見舞われた地域が多い中、幸い東京は晴れになりました。
とはいえこの二日間、超寒い試験日でした。
試験を受け方、お疲れさまでした。まずは一区切りといったところでしょう。
受験生のみなさん、とりわけドミほりに入館予定の受験生のみなさんの願いが叶うこと心よりお祈りしています。

昨夜から名古屋在住の長男ファミリーが遊びに来てくれました。
今朝は墓参りに行き、そのあと入所中の母を見舞いに行きました。
写真はおばあちゃんとひ孫の会話です。
おばあちゃんは耳が聞こえません。でも立派にコミュニケーションできています。


帰館ラッシュ

2017.01.04



遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
本年も変わらずお引き立て賜りたくよろしくお願い申し上げます。

帰省した館生たちの帰館が相次ぎます。
お帰りなさいと挨拶の中からいくつか館生の言葉を拾ってみました。
  「食べてばっかりでした」
母の手料理を思いっきり堪能したようです。

  「やばいヤバイ、試験!」 
勉強するつもりで帰省したけれど、実家で教材一度も開かずバッグに詰めたまま持って帰ったそうです。

  「それが風邪で寝込んでしまいました」
実家に帰って急に緊張の糸がほどけてしまったのでしょう。それとも親に甘えたくなったのかも。


さて今回ご披露するのは漫画家冨永一朗の画集からお正月らしい絵を一枚。
漫画家冨永一朗のこと知る人は少ないかもしれませんが、1992年には紫綬褒章、1998年には勲四等旭日小受章を受賞している漫画家です。
週刊誌連載漫画“チンコロ姐ちゃん”と日本テレビの“お笑いマンガ道場”などで知られています。ここにご披露する氏の作品はマンガではなく絵画です。
大きさはめずらしいB2。原画は色鉛筆で描いた労作です。
当節“チンコロ姐ちゃん”なんて言葉は放送禁止用語でしょうけど当時はおおらかな時代でした。


全 3 件中 1 〜 3 件目を表示

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2017 1月 »

アーカイブ