ドミトリーほり 館長ブログ

学生会館のメリット

2019.01.18

よく見ると桜が開花準備に入っていました。


東京で一人暮らしをと考えるときに悩むのが住まい。
寮や学生マンションなどいろいろある中で、孤住と集住の中間にあたる学生会館。
学生会館の良い点は、設備・管理面などでセキュリティー対策がしっかりしていること。さらに家具や冷蔵庫が部屋に用意されているので初期費用が安く済む。
当館は館全体を見守る監視カメラや赤外線センサー、外トビラ、内トビラに設けられた暗証番号ロック、そして管理人兼オーナーによる24時間管理体制となっています。

次の利点は、他大生との交流が得られることです。大学が違うことでかえって深い絆で結ばれるケースをしばしば見てきています。在館時、卒業卒館後さらには結婚後も、永い付き合いをしている元館生たちを知っています。
会館内での付き合い方は、友達が多く作れる反面、あまり他人とは積極的にかかわりたくないという性格の人にはストレスに感じるかもしれません。でも肯定的に考えると、価値観や置かれた立場の違う人達と混じり、対話していくことで、譲歩や妥協の技術が身に着き、「うまくやっていく」能力が磨かれるのです。学生会館での経験が社会に出て役立つのです。
当ドミほりの場合、毎年4月に新入館生へのウエルカムパーティーを開催。ここで気の合った友達ができれば、お互いに部屋を行き来したり、それぞれの手作りの料理を持ち寄ったりでする楽しさが加わります。館内のLINEで情報交換し、数名でディズニーランドに行ったり、花火大会にいったり、さらには授業の選択科目について先輩や同期組と相談したりしている光景をよく目にします。

次にプライバシーの確保に懸念がと思う人がいるかもしれません。当館の場合バス・トイレ、キッチンはそれぞれのお部屋に設置されているので完全にプライバシーは守られています。

そして最後に門限です。門限があるので自由が縛られると思うかもしれませんが、これも逆に門限があるから自身の生活のリズムが保持できるのです。あまり有益でない飲み会、つきあいを断る理由になるのです。その時間は本分である勉強に回せるのです。


大丈夫!

2019.01.16


入院中のこと
隣に新しい患者がストレッチャーで運ばれてきました。
本人はまだ麻酔から目覚めていません。

付き添いは娘さんのようです。
その娘さん、看護師さんに・・・・
「あの、いた方が良いでしょうか」
「今日は点滴だけですから・・・」
「では少し様子みて・・・・、ちょっと・・・・」
「なにかあればナースコールで呼んでください」
この会話、なんとなくのことはわかるのですが、どうも正確な意味が伝わりません。
まさに隔靴掻痒の感ありです。
状況からして、私なりに上記の会話を意訳すると。
「ワタシ、ずっと付き添っていなければならないでしょうか」
「今日は休日なので、治療は休み明けに・・・・。今日は点滴だけですから・・・」
「では、しばらくして・・・様子見て帰ります」
「もし他になにかあればナースコールで看護師を呼んでください」

このごろの会話、意図的に曖昧な表現を用いることが多いようです。言外の意味を察しなさいとばかりに。なにかを尋ねると「大丈夫です」と返事が返ってくることをよく経験します。
意味するところは「いえ、結構です」のようです。
“結構です”とハッキリ言うと相手に傷つける、心証を悪くするという感覚のようです。
似たようなことで、“上司にそこまで言わせるな”たいがいに察しろ、ということもあります。そこに共通するのは白黒はっきりさせない文化があることでしょうか。
“和を以て貴しとなす”を優先させるからなのでしょうか。
でもこの“ぼやかし”文化が“忖度”を産む温床なのかもしれません。


管理人

2019.01.15


館内はいくらか緊張の空気が漂っています。それは期末だからです。
4年生は卒論や院試対策、他は期末試験の最中にあるのです。

館長入院中への対応として息子の嫁に応援を頼みました。日常のドミほりの管理業務の一端は、まずはは朝5時半起床、館外周に張り巡らされた赤外線センサーの警報モード解除、監視モニターに表示される異常メッセージの確認、夜通し24時間稼働させている給湯ボイラーを確認してから館内巡回と開錠。もちろん夜11時半にも館内巡回と施錠。
館内巡回には五感をフルに働かせます。異常な匂いや音の有無に注意を払います。
日中は、館生から頼まれる宅配物の発送手続きと代引き荷物の代金預かり。
宅配業者、郵便局からの荷物・郵便物を本人に代わっての受け取り。
館生からのさまざまな問い合わせにも対応します。体調を崩した館生への対応もあります。
もっと大切なのは、門限内に全館生が揃っているかです。未だ帰館していないとなれば電話連絡又はFacebookのMessengerによる安否確認が必要となります。
もし万一、不審者らしき人物と遭遇したときには近くのコンビニや駅まで迎えに行くことになります。まだまだ書き切れないほどの項目があります。これを一人でこなすとなると家事はおろか外出が一切不可能になってしまう。そこで長男の嫁に応援を頼んだのです。

あらためて思うのは他人様のお嬢さんを預かることの大変さです。
最近おこった、ある学生マンションでの女子学生殺人事件を思い起こします。安全であるべき学生専用マンション、もちろん管理人がいるマンションで、なぜ簡単に男子が入館できるのか、夜中に不審な行動が起こりうるのか全く不思議でなりません。
本来の管理業務が果たせていません。
この学生マンションを運営しているのは大手の管理会社です。多くの学生寮や学生会館の運営委託先として知られた存在なのです。
最近、こういう管理会社の「管理人募集」の広告を目にします。企業をリタイヤされた人の再就職先として好まれているようです。その広告ではほとんどが「夜勤なし」をうたっています。こういう条件でないと募集に支障がでるのかもしれません。
でもこれでは本来の管理業務は勤まりません。しょせんカタチだけになりかねません。

そうそう、昨日、前日に来館見学された方から正式な申込をいただきました。
これで残り7室になりました。
当館に決めた理由は「管理体制」とおっしゃっていました。


無事退院

2019.01.14


久々の館長日記です。
じつは正月8日から入院していました。そして本日無事に退院できました。
孫娘と家内が病院まで迎えに来てくれ、帰り路、孫に「なにか欲しいものある」と聞くと、「チョコレートパフェ」と強い主張。途中、日比谷でスイーツのお店に。
食事に制限がある身なので、店員さんに頼んでメニューにないホットミルクでお相手を。

入院に至った経過を簡単にご報告します。
昨秋のこと、人間ドックで胃ガンを発見。病院を変えての精密検査の結果、早期の胃がんと診断され、同時に内視鏡による切除を決めました。
病院から渡された書類には「胃の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」と書いてあります。
たまたま年末年始が間に入ったこともあって内視鏡による治療は9日になったのです。
前日に入院し胃の中をカラにし翌9日に治療。その日から点滴のみ、数日後からようやくお粥に。最初は五分粥、二日後から全粥になり今日にいたっています。
このさき二か月は、消化に優れないもの、生野菜や肉、脂っこいものは禁止。さらに酒は絶対ダメとのお達しが。しばらく仙人生活になりそうです。
これで出てきた腹が引っ込んでくれると嬉しいのですが。
以前はムダだと思っていた人間ドック、結構いいものだと認識させらました。

なおドミほりの管理人業務は息子夫婦に頼んでの入院でした。
前述の孫はこの夫婦の子供です。


本郷への通学

2019.01.07


月曜日です。今日から仕事初め、学校も授業開始のところが多いようです。
ドミほり館生たち、元気よく登校していきました。
当館に一番近い大学は東京大学駒場キャンパスで徒歩数分の近さです。
一限開始は8時半、なので8時20分から25分ごろが彼女らの出ていく時間になります。

多くの東大生は二年生の秋から本郷キャンパスに授業の大半が移ります。
したがって、これを機に本郷キャンパスの近くに住まいを移す館生が多くいます。
ドミほりから通うこともできなくはありません。
そのためには、多少朝の睡眠時間を削る必要があります。それなのに駒場から本郷にキャンパスが変わってもドミほりに居続けている館生が現段階で5名もいます。

今朝はそのうちの一人の通学を追ってみました。
「おはようございます。行ってきまーす」と元気よく当館を発ったのが9時。
代々木上原まで歩き、駅で千代田線当駅始発の電車に乗るため一本見送ります。座って行きたいのです。下車駅は「根津駅」、途中乗り換えなしの一直線。乗車時間は13駅で26分。
根津駅下車、東大本郷キャンパスの弥生門をくぐりキャンパス内を歩いて目当ての教育学部棟についたのがちょうど10時。合計約一時間を要しています。
別のルートで通えば10分以上短縮できるのですが、彼女は敢えてこのルートで通学しています。彼女にとって電車に座っている20分は、貴重な“思考”のための時間だからです。
構想を練ったり、考えをまとめたりするための空間時間で、最も集中できる場所なのです。そして駅からキャンパス内の徒歩で、高揚している知性を鎮め、感性を呼び起こし、脳内リセットで集中力を高めて教室に臨んでいるのです。
この行動パターンは会社勤め時代の私自身の経験でもあります。


全 8 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2

次の3件 »

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2019 1月 »

アーカイブ