ドミトリーほり 館長ブログ

列を抜けるのに三時間

2015.03.31




年度末です。明日から新年度が始まります。
いろいろな想いの中で迎える年度末です。

夕方、元館生からメールをいただきました。
いただいたメールの要旨は、いよいよ明日から社会人。ドミほりで過ごした楽しかった大学生活の想い出とドミほりへの感謝の気持ちが綴ってありました。
嬉しいことです。
応援しています。ムリせずでも仕事は誠実に、困ったことあれば第二の実家、ドミほりに相談しにきてください。

駒場キャンパスは今日から新入生の入学手続きが始まりました。
手続きを終えるとテント村が新入生たちを迎えます。
テントは部やサークルの勧誘部隊が手ぐすね引いて待っています。
このテント列を去年くぐったある館生
「脱出するのに三時間かかりました」と
その館生が今回は勧誘する側になっています。
なんと一年が過ぎるのが早いこと。

今日も新入館生の引越し入館がありました。
入館オリ、少し緊張している様子。
でもすぐになれますから。そして来年の今頃は新入生獲得に汗を流していますから。


渋谷?

2015.03.30

駒場キャンパスの桜


映っています。


新しい仲間


今シーズン12名の新入館生のうち入館引越されたのは9名。
残り3名ですが、9名の新入館生たちの東京での生活が始まりました。

近くのスーパーへ入館同期仲間と一緒に買い物に行く人。
大学のガイダンスに参加する人。
高校や予備校が主催する受験合格者だけの集まりに出席する人。
まだご両親の庇護のもと本格的一人暮らしへの離陸準備の人。
それぞれに新生活がスタートしています。

高校の友人たちとは離れていてもlineやfacebookでつながっています。
昔と大違いです。
遠距離ですが写真や動画での近況報告がきわめて容易、かつこまめにできます。
「いよいよ東京での生活が始まった! 私の部屋はこんな感じ」
「東京のどこに住んだの?」
こんなやりとりが続きます。
ただ住まいの場所を伝えるには少しばかり思案が必要です。
“渋谷”とだけ伝えると、“あのスクランブル交差点の渋谷?”となります。
この場合、学生の身には適さないところに住んだと思われている可能性があります。

これが大学のクラス仲間の会話など相手が東京に明るい人の場合は事情が異なります。
渋谷と答えたのでは範囲が広すぎます。
 “上原に住んでいます”
“えっ代々木上原?”
こんなリアクションが返ってきます。
この場合のニュアンスとしては“学生の身なのに・・・”という感じになります。
つまりどちらにせよ、“そんなところに住んで大丈夫なの”と疑問形が返ってくるのです。
そしてしばらくたつと説明が面倒になり、“駒場キャンパスのすぐそば”となってしまうのです。これも生活の知恵なのかもしれません。


お疲れ様です

2015.03.29






今日の新入館生の引っ越し入館は3人。
それぞれみなさん、家族の応援を得てほぼ午前中で荷解きに始まる引越しは完了。
午後から渋谷や上原にでかけ必要なものの買い出しに行かれていました。

東京はどこに出かけるにも歩く距離が地方より長いと思います。
どうしても電車やバス、地下鉄になります。
きっと不慣れな都会でお疲れになったことと思います。

一方で、今日、入館した新入生にも昨日と同じ質問をしてみました。
  「どうですか、今の心境は。期待と不安の比率は?」
  「期待度90パーセントです」
表情はまさにワクワク感で一杯です。

駒場キャンパスの桜はちょうど見ごろになっています。
この時期、引越しが集中するのでゆっくりと花見はできませんが朝のkoroに散歩ついでに少しだけ桜を見てきました。


上京そして荷解き

2015.03.28

荷物を待ちます


なにもないお部屋


荷物が届くの待っています


さぁこれから格闘始まり


まさにこれから


毎年のことながらこの日ばかりはドタバタの一日です。
引越入館の集中日です。
さて本日の引越一番乗りは、朝8時15分のHさん。
次いで、その一時間後にWさん。
10時半にMさん。
そしてお昼を少し過ぎたところでTさんの入館。
しばらく時間をおいて夕方4時半、本日の引っ越ししんがり役のYさんで終了。
この間に荷物だけの引っ越しも。
みなさん、飛行機や新幹線を乗り継いで上京。
そして当館につくなり荷物の搬入と荷解き、設置とみなさん大奮闘です。
お疲れ様です。
新入館生むけの入館オリも都合三回にわけて実施。
その際、数名の新入館生に聞いてみました。
  「いまの心境は?」
  「期待と不安・・・、六分四分で期待のほうが優っているかな」
  「えっ、私は不安のほうが大きい」
一人暮らしの始まりは、大人になる第一歩。
自分の成長へのステップ、結構楽しみでもあります


引越第一号

2015.03.27


今シーズン最初の入館引越がありました。
今朝一番の飛行機で沖縄から。
必要最小限のモノをスーツケースに入れてお母様と二人で来館。
早めに来て荷物の到着を待ちます。
家から送った宅急便、家電量販店から届く家電品、おふとんなどが時間をおいて届きました。そのつど梱包をほどいて、あらかじめ用意したヒモで空きダンボールを結わいていきます。結構、大変です。お疲れ様です。
今夜はお二人でホテル泊。
明日からお嬢さんの一人暮らしが始まります。
現在の心境を聞いてみました。
「どうですか、いまの気持ち?」
「なんか楽しいです」

引越入館、今日は一組だけ、明日は7組も予定しています。
さぁ気合を入れなければ。


全 22 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2, 3, 4 ...5

次の5件 »

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2015 3月 »

アーカイブ